森を育てるためには、人の手が必要です。
自然ふれあい楽校では、森と生きものがどのようにしたら元気になるのか、みんなで話し合いながら、年間をとおして整備をしています。

貧弱な密植照葉樹林の整備を考える/秋

雑木林の整備作業作業/冬

自然ふれあい広場/初夏

子供自然ふれあい楽校

大タブで両手を広げて