めぐりの森の自然環境調査ことはじめ
サマースクール2018」プログラムのひとつ「第7回 三浦半島森づくりフォーラム めぐりの森の自然環境調査ことはじめ」の詳細です。

「湘南国際村めぐりの森」では、“みどり”の保全、再生、活用のためのいくつかの事業が協働参加型めぐりの森づくり推進会議によって 2010年より進められています。

しかし現在に至るまで、近郊 緑地保全区域の中心にあって大楠緑地や子安緑地を擁するこの“森”の自然環境調査は、殆ど実施されてきておりません。

これからの“森づくり”を進めていくためには、専門家に指導していただきながら各分野の調査を始めることが必要と考えました。

三浦半島の自然環境、その保全や活用、生物多様性 の確保のために意を注いでいる市民の方々も、ぜひ、このフォーラムへご参加ください。

開催日:2018年7月16日(海の日) 10:10 〜 15:30

  • 午前:調査実施候補地の見学会(集合 10:10/ めぐりの森入口)
  • 午後:調査の手法と記録方法などの講習会(会場/ 湘南国際村センター208号室)

実施内容の変更
参加申込の人数が少なかったため、フォーラムを、めぐりの森づくり活動関係者対象の学習会に切り替えて実施しました。
講師:鈴木茂也氏 日本野鳥の会神奈川支部長/三浦半島自然保護の会

講師:
植物 山本薫氏 横須賀市自然人文博物館学芸員/神奈川県植物誌調査会
鳥類 鈴木茂也氏 日本野鳥の会神奈川支部長/三浦半島自然保護の会
昆虫 内舩俊樹氏 横須賀市自然人文博物館学芸員/三浦半島昆虫研究会

募集:高校生以上 30名
参加費:一般 1000 円 / 学生 500 円 (資料代、保険代など)

申込方法:
問合せよりご連絡ください
詳細(時間割・雨天対応・持ち物・集合場所・交通案内)は、受講決定とともに通知します

申込締切:2018年7月10日(火)